肝硬変

 肝炎やアルコールが原因で肝臓の細胞が破壊され続けると、再生能力の高い肝臓といえども限界に達します。肝臓の中に繊維が増えて固くなり、見た目にもゴツゴツとしたこぶだらけの臓器になり、この状態を肝硬変といいます。 肝硬変になると、肝臓内部の血液循環に異常が生じ肝臓の働きが果たせなくなります。