深呼吸ダイエット
    肝臓病とは

  肝臓病とは

 肝臓は、ひと一倍働き者で我慢強い臓器で、少しぐらいダメージを受けても黙って働き続けてしまうので「沈黙の臓器」と言われ、病気の発現が遅いことやウィルス性肝炎に感染しても本人が気が付かずにいることなどから、最近では増加傾向にあり「21世紀の国民病」とまで言われています。

 肝疾患は日本人の死因の中では第8位ですが 生活習慣病だけについてみれば癌・心臓病・脳卒中に次ぐ第4位です。また、癌だけでみると男性では胃ガン・肺ガンに次いで肝臓癌が第3位を占めています。  

 前述のように、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、病気になってもすぐには症状がでないことが多いので定期的な検査が必要です。〔肝炎→肝硬変→肝癌〕と症状が進んでしまわないように、健康診断で肝機能の異常を指摘された方は、一度精密検査を受けると良いでしょう。