深呼吸ダイエット
    肝臓病の種類

  肝炎

 肝炎とは、その名の通り肝臓に炎症が起こった状態で、赤く腫れて熱を持ち、触ると痛みを感じます。単に「肝炎」というとウイルス性肝炎を指しますが、その他に肝炎を起こす原因として薬剤、アルコール、アレルギー等があります。日本人の肝炎の約80%が、肝炎ウイルスが原因と言われています。

 肝炎の症状は感染原因に関らず似ていますが、発症の仕方や症状の経過から大きく3つに分類されます。突然的に発症し一過性の「急性肝炎」、6ヶ月以上症状の治まらない(検査数値が正常に戻らない)「慢性肝炎」、急性肝炎のうち特殊なもので1週間から10日で死に至ることが多い「劇症肝炎」の3つがあります。

(急性肝炎
 急性肝炎はウイルスに感染してから数週間から数ヵ月後、又は、薬剤の投与を始めてからから数週間後に発症します。一般的な症状としては、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などです。このような症状がでたら、血液検査などで肝炎の程度や原因を調べる必要があります。
 急性肝炎の治療法は入院して安静にしていることが基本です。食欲がない場合は、点滴を行って体力の維持に努めます。急性肝炎はほとんどの場合、数ヵ月で症状は治まります。

(慢性肝炎
 慢性肝炎は急性肝炎が治り切らずに、肝細胞の破壊と修復が6ヶ月以上絶え間なく続いている状態を言います。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。
 人によっては、体のだるさや吐き気、食欲不振などの症状がみられることもありますが、一般的には慢性肝炎の自覚症状はほとんどありません。そのため、慢性肝炎と診断された人の大半は、検診などで偶然見つかるケースです。
 尚、慢性肝炎の治療は検査結果に応じて行われますが、肝機能が安定している場合は特別な治療は必要ありません。
 慢性肝炎により肝臓が傷つくと、肝臓は人体には珍しい再生能力を発揮して回復しようとします。しかし、壊れる方が早くて再生が間に合わなくなると、帳尻を合わせるために不良品も出荷してしまいます。不良品が多くなると次第に固くなり肝硬変になります。肝硬変に進むには10年以上の歳月を必要とし、肝硬変までなると肝臓の予備能力もほとんどなくなって症状が出てきます。逆に言えば、相当悪くなるまで症状が出てこないのが慢性肝炎の怖いところです。

(劇症肝炎
 急性肝炎の中で約1%の患者が劇症肝炎になると言われています。初期症状は急性肝炎と同じですが、普通の急性肝炎の場合は黄疸が出て1週間もすると自覚症状が和らいできますが、劇症肝炎の場合はますます悪化し肝性脳症という意識障害が出るのが特徴です。
 最初の症状が出てから8週間以内に肝性脳症が出て、なおかつプロトロンビン時間(肝機能をみる指標の一つで健康な人を100%とします)が40%以下になると劇症肝炎と診断されます。 また、初期症状から10日以内に肝性脳症が出るものを、急性型、それ以降にでるものを亜急性型と分類されています。
 劇症肝炎は脳浮腫、感染症、消化管出血、腎障害等の重い合併症を引き起こすことが多く、多臓器不全の病態を示します。そのため治療は、救命を目的とした全身的なものになります。劇症肝炎は、肝臓病の中でも死亡率は極めて高く、70~80%の人が死亡しています。

<<原因による分類>>

【ウイルス性肝炎

 肝炎ウイルスが原因で発症します。現在分かっている肝炎ウイルスは、発見された順番に名付けられたA型、B型、C型、D型、E型、G型の6種類がですが、日本人に多いウイルス性肝炎はA型、B型、C型の3種類です。慢性化するものと慢性化しないものとがあります。また、感染してから若干の潜伏期間の後、急性肝炎として風邪のような症状を伴って発病することが多い。日本の慢性肝炎のほとんどはB型かC型であり、慢性のB型肝炎・C型肝炎は数十年の歳月の後肝硬変に進むことが多く肝癌にもなりやすい。

(A型肝炎
 A型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、日本で起こる急性肝炎の約40%がA型肝炎だと言われています。また、A型肝炎は感染力が強いのも特徴で、以前は「流行性肝炎」といわれるほど多発していました。 A型肝炎ウイルスの多くは便の中に排泄されるため、その便によって汚染された飲み水や魚介類を摂取することで感染する経口感染で慢性化しません。無症状で終わる人もいますが、まれに劇症肝炎となって治療が必要になることもあります。
 現在は日本国内での感染は減少してきていますが、衛生状態の悪い地域を訪れた旅行者が感染して帰国後に発症するケースが増えています。

(B型肝炎
 B型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、B型肝炎ウイルスに汚染された血液を介して皮膚の傷口等から体内に入り込むことによって感染します。経口感染や空気感染することはなく、原則として個人から個人へ血液感染します。 かつては、輸血で感染する代表的な肝炎の一つでしたが、輸血用の血液のチェック体制が整備されて以来、輸血が原因でB型肝炎に感染するケースはほとんどなくなりました。また、子供では慢性化することもあるが大人では慢性化することはありません。
 現在の主な感染経路は、出産時の母子感染、医療従事者の針事故などによる感染、セックスによる感染などが上げられます。

(C型肝炎
 C型肝炎ウイルスによって起こる肝炎で、B型肝炎ウイルス同様、血液を介して感染します。しかし、C型肝炎ウイルスは感染力が弱いので、単に血液に触れたぐらいでは感染しません。そのため、母子感染やセックスによる感染も極めて少なく、日常生活で移ることはほとんどなく、大部分が輸血によるものです。
 しかし、C型肝炎の場合は、成人になってから感染すると治りにくく、7~8割の人が慢性化しています。また、他の肝炎より症状が軽いのも特徴で、発症しても気が付かずに治癒していたり、検診などで慢性肝炎として見つかることがよくあります。

(D型肝炎
 D型はイタリアなどに多く見られる肝炎で、B型に寄生するウィルスによって起こります。日本ではほとんど見られません。

(E型肝炎
 E型は中央アジアで多く見られる肝炎で、経口で感染し慢性化しません。日本ではほとんど見られません。

 ※F型以降はよく分かっていません。

【薬剤性肝炎

 服用した薬剤が原因で肝障害を起こす病気です。これには2種類あって、薬そのものの毒性が肝臓を傷つけるものを「中毒性肝障害」、薬によってアレルギー反応が引き起こされ、過剰な免疫反応が肝臓を傷つけるものを「アレルギー性肝障害」といいます。

【アルコール性肝炎

 日頃からお酒を飲み続けいた人が、何日間か集中して大量にお酒を飲むと起こる病気です。腹痛と発熱をともなって急激に発症します。
 アルコールの処理能力は遺伝子に依存して個人差が大きく、一般にヨーロッパ人は処理能力が高く日本人は低く、アルコール性肝炎は日本ではヨーロッパに比べて少ないと言われています。アルコールのみが原因で肝硬変になっても、アルコールをやめて10年から20年ほど経つと、その再生能力により正常に近い肝臓になります。但し、一度禁酒した後再度飲酒すると肝炎の劇症化を招きやすいので注意が必要です。アルコールを飲む人で肝炎ウィルスを検出できずに肝炎の原因を特定できない場合に、アルコール性肝炎と診断されることが多かったが、5年ほど前からC型肝炎ウィルスの検出ができるようになり、アルコール性肝炎の人の多くにC型肝炎ウィルスが検出されました。

【自己免疫性肝炎

 免疫機構が何らかの原因で異常をきたし、肝障害を引き起こす病気です。圧倒的に若い女性、又は更年期の女性に多いのが特徴です。



  肝硬変

 肝炎やアルコールが原因で肝臓の細胞が破壊され続けると、再生能力の高い肝臓といえども限界に達します。肝臓の中に繊維が増えて固くなり、見た目にもゴツゴツとしたこぶだらけの臓器になり、この状態を肝硬変といいます。 肝硬変になると、肝臓内部の血液循環に異常が生じ肝臓の働きが果たせなくなります。


  原発性胆汁性肝硬変

 自分で作る胆汁を異物と認識してしまうために起こる肝炎でアレルギーの一種の難病です。


  脂肪肝

 肝細胞の中に中性脂肪を主とした脂肪が溜まった状態をいいます。わが国の職場検診での異常検査所見の中で、肝機能障害は全国で約12%が陽性で、高脂血症に次いで2番目に多いのです。これらの人々は2次検査の対象となりますがその大部分は脂肪肝です。因みに、フランス料理で有名なフォアグラは人工的に脂肪肝を作ったものです。


  肝癌

 肝臓の癌には、肝臓の細胞が癌化した「原発性肝癌」と他の臓器にできた癌の転移による「転移性肝癌」があります。「原発性肝癌」は日本では50~60歳代の人に多く、7対1で男性に多く見られます。
 肝細胞癌は比較的早期の段階で肝臓内で転移することもまれではありません。また、「多中心性発癌」といって、肝臓内の転移ではなく同時に肝臓の別の部位に発癌が見られることもあります。肝細胞癌が肝臓以外の臓器に転移するものを「肝外転移」といい、かなり進行すると血液を介して肺や副腎、骨に転移することがあります。