深呼吸ダイエット
    肝臓病の合併症

  肝硬変の合併症

〔腹水〕
水分と塩分を制限し、肝臓への負担を軽減するためにある程度は安静も必要となります。さらに効果を見ながら利尿剤を用いることもあります。これでも改善しない場合は、アルブミンを注射で補います。但し、薬剤は弱っている肝臓には負担になるので、なるべく使わず、使っても少量ずつが原則です。

〔食道静脈瘤〕
肝臓から逆流した血液が、細い静脈に流れ込みコブのようなものを作ります。これが静脈瘤ですが、これは痛みや異物感等の自覚症状がありません。そのため、定期的な検査をうけ、破裂を防止しなければなりません。静脈瘤が赤みを帯びてきたら、破裂の危険信号ですので、予防のための治療が必要になります。患部に硬化剤を注入して静脈瘤を固めてしまう方法や、静脈瘤を輪ゴムでしばり血流をとめてしまう静脈瘤結紮(けっさつ)術などがあります。

〔肝性脳症〕
肝臓の機能が低下するため、解毒されなかったアンモニアが脳に達して精神症状を起こすのが肝性脳症といわれている症状です。この治療は、先ず食事で摂る蛋白質を一日40gに制限します。そして、薬物療法に使われるのは、ラクツロースという一種の緩下剤です。これは、腸内の有害な細菌を抑えて排便を促し腸内を浄化する薬です。また、アンモニアの生産を促す細菌を殺すための抗生物質、あるいはアミノ酸バランスを調整する特殊アミノ酸製剤なども使われます。