深呼吸ダイエット
    B型肝炎

  B型肝炎とは?

 B型肝炎とは、B型肝炎のウイルス感染によって発症する疾患です。血液や体液、注射のまわし打ち、タトゥーなどからの感染が多いといわれています。また、慢性化したB型肝炎のほとんどは母子感染からといいます。急性B型肝炎は、感染しても自覚症状はあまりでないうちに約60~70%の人は完治するようです。しかし、他の約30~40%の人は典型的症状をみるといい、関節痛や食欲不振、吐き気、全身のだるさなどと共に、肝疾患特有の黒褐色の尿や黄疸などが発症するといいます。母子感染のした小児の場合は無症候性キャリアといい、大抵は肝炎が発症しても気づく事はあまりなく、そのまま完治していくようです。しかし、ウイルスを撃退できず肝炎が続いてしまう事もありこの状態を慢性B型肝炎といいます。


  B型肝炎の種類

【急性B型肝炎
ウイルスが約1~6ヶ月の潜伏した後、一時的に肝炎を発症します。人により症状や程度は様々といわれ、ウイルスに対し抗体が出来る人もいる一方、肝炎の症状である、黄疸や倦怠感が出る人もいます。
最悪のケースは、悪化し劇症化し(劇症肝炎)致命的になる場合もあるようですが、たいていの人は約2ヶ月ほどで完全に治癒するといわれています。

【慢性B型肝炎
血液・生化学的な肝炎が約6ヶ月以上続くと、慢性といわれます。ほとんどが母子感染のキャリアで、B型肝炎の場合では急性から慢性へと移行する事まずないとされています。生体免疫機能がB型肝炎ウイルスを肝細胞ごと破壊するため、炎症がおこり、B型肝炎へと移行します。たいていの人は約数年間の肝炎で獲得免疫により完治するようですが、約10%の人は持続性肝炎となり肝硬変や肝ガンなどにかかる可能性が高くなるといわれています。


  B型肝炎の症状

 多くの人は感染しても、自覚症状がなく自然治癒するといわれますが、症状がみられるのは、急性B型肝炎の約20~30%といわれています。これは、悪化すると劇症化する事もあり肝細胞壊死による意識障害などが起こるとされ、注意が必要です。肝疾患の主な症状では

・黄疸(白目の部分も黄色くなる)
・全身の倦怠感
・食欲不振
・吐き気及び嘔吐
・発熱
・黒褐色尿
・白色便
・右腋腹の圧痛
・関節痛

などがあげられています。


  B型肝炎の合併症

・慢性肝炎   
・肝硬変
・肝細胞ガン

慢性B型肝炎の約10%は肝硬変や肝細胞ガンに移行しやすいとされています。また、肝疾患合併症の患者の内の約20%がB型肝炎ウイルスが陽性だといわれています。


  B型肝炎の原因

 B型肝炎はウイルス感染です。このウイルスは球形の2重構造をしています。主な感染経路は、血液及び体液感染といわれています。性行為によるものや注射針が原因とされるもの(医療行為、歯科治療、麻薬中毒者)やタトゥーなどや、輸血や血液透析などもあげられています。一方、慢性B型肝炎は母子感染がほとんどとされ特に、3才児未満の乳幼児ではまだ免疫機能が不完全なため、キャリアとなってしまうといわれています。


  予防策

【セーフティーセックス】
最近では、B型肝炎は性感染症のひとつともいわれています。HIVとほぼ同じ感染経路ですが、感染力はB型肝炎の方が強力(たった1コの分子で簡単に感染する)だといわれています。血液・体液が粘膜と接触する事による感染ですから、コンドームなしでのオーラルセックスにも注意が必要です。唾液にも、ウイルスは存在しますが現在までの感染例はないようです。

【ワクチン】
数ヶ月おきに計3回病院で打ち、生体内に抗体を作ります。しかし、必ず抗体ができるわけではなく、また、できたとしても永続的ではないので、医者の指示にしたがってください。


  B型肝炎の治療法

 急性B型肝炎では、まず安静が第一とされています。急性肝炎の場合では劇症肝炎への悪化を防ぐため入院が必要になります。黄疸が消え、肝機能がある程度回復してくると自宅療養用も可能になってきます。薬物療法では、抗ウイルス剤と細胞自体が自己防衛のため産生する物質の生成促進剤や、インターフェロン(免疫強化)、また一旦免疫を薬剤で抑制しそのリバウンドで免疫力アップを図る方法もあります。B型の慢性肝炎は、C型慢性肝炎とは異なりウイルス除去が困難といわれています。したがって、治療目的は患部位の炎症つまり肝炎を抑える事とされています。B型肝炎のウイルスは「HBs」「HBe」「HBc」の3種類の抗原を持ちそれぞれの抗原と抗体の関係で、治療法も変わりますから、医師の指示に従うようにしてください。